ペンケースいろいろ
UNITED BEES ペンポーチ
yuruliku SanSuke ペンケース
Delfonics コペルトスリムロールペンケース
ここでクリアー

スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)| Edit

我が家のインテリア ウォルナットの自作ブックエンド D.I.Y

2008/01/30 Wed
子供の絵本を収納する為の、ブックエンド本立て)を自作してみました。

初めは市販品を購入しようかと思っていたのですが、理想の「木の質感が味わえ、かつシンプルな物」が見つからなかったので、自作してみる事にしました。


ウォルナット ブックエンド

1つ分の材料です。

木の材質はウォルナットで、希望のサイズにカットして販売してくれる木材・木工素材の通信販売 / DIY銘木ショップで購入。

底になる部分は、ステンレスのヘアライン板の2mm厚の物を使用。

私が勤めている会社でいつも頼んでいる、レーザーカットの会社に頼みました。

あとは、M4のタッピングネジが2本です。

材料だけ見ても、かなりシンプル。


まずは、下に板を取り付けた時に板が飛び出さないように、木の方に溝を付ける加工。

加工と言ってもアパート住まいの為、木工用の機械がある訳ではないので、会社で金属加工用の工作機械を使う事に。


ウォルナット ブックエンド

溝加工後です。

ボール盤に金属加工用のエンドミルと言う刃物を取り付け、無理やり溝加工。

ステンレス板とウォルナット材が、ほぼ面一になるようにしました。

あとはネジの下穴をドリルで開けて、これでステンレス板がピッタリ収まるはず。


ウォルナット ブックエンド

ステンレス板にはタッピングネジを通すキリ穴と、タッピングネジの皿頭が適度に沈むように、皿モミ加工。

先が90°になったカウンターシンク(これも金属加工用)と言う物で、加工を施しました。


ブックエンド 工具

今回使用した刃物です。

左からφ12のエンドミル、カウンターシンク、φ3.2のドリルです。

恐らく、この様な金属加工用の刃物で木材を削っている人は、いないと思います。

木工の「も」の字も知らない素人だから、なせる業です!

いつまでも使用で会社の機械を占領するわけにもいかないので、とりあえず加工はここまで。

あとは、ウォルナット材の角が鋭く危ないので、全ての角に面取りをしてワックス仕上げをして完成予定?です。

続きはまた後日。
最近紹介したアイテム
Reac CASTRO
MIDORI TAPE DISPENSER
MAGNET SHANTY
?GON CARD HOLDER
ALPA アマグネット
ここでクリアー
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
ここでクリアー
ここでクリアー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。